【鳩こんろ】女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。 8話 ネタバレ【押入れの中でスマタ!?】無料試し読みあり

無料試し読みはこちら!
↓   ↓   ↓
クリック!!
ハンディコミック【女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。】LP1※スマホ専用

 

こんにちわ!

 

サイト運営者のオメ子です。

 

今日は、あの大人気シリーズ!

ハンディコミック【女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。】LP1※スマホ専用

女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。 8話

 

 

のネタバレとあらすじについて

書いていきます!

 

 

 

前話のあらすじはこちらから!

⇒女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。 7話

 

 

 

無料試し読みもできますので、

是非チェックしてみてください!

 

↓ ↓ 無料試し読みはこちら♪ ↓ ↓
ComicFesta:女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。Ver.2.ver1.2.1

「大丈夫、擦り合うだけですから!」

 

壮介の布団を片付けたときに、

昨夜に丹生がはいていた緑のパンティー

発見してしまった由紀

 

その後、壮介を問い詰めようとしたが、

突然インターホンが鳴ったため

驚いて転倒してしまった由紀

 

そして、転倒の衝撃で服が

ちぎれてしまい、ムッチリ巨乳が

丸出しになってしまった!!

 

玄関先のインターホンの主は、

 

なんと丹生!

 

昨夜忘れたパンティーを取りに来たのだ。

 

「あれ?誰もいないのかな?」

 

 

 

 

 

そう言うと、、、、

なんと2階の天井の穴から

1階の部屋に入ろうと決めた丹生!!

 

部屋には巨乳丸出しの由紀さんがいるのに

絶体絶命!!

 

そのため、壮介由紀を押入れに

誘導して2人で隠れることに。

 

熱気ムンムンの狭い押し入れのため

2人の密着度は高い!!

 

押入れの中では由紀が小言を

言ってきたが、

丹生に気付かれたらマズいため

なんと、キスをすることで

由紀の唇をふさいだ壮介!!

 

その状況に我慢ができなくなって

しまった壮介は、

ギンギンに勃起した肉棒を

由紀のマ〇コに擦り付ける・・!!

 

「あっ・・・!!んっ・・・!!」

 

由紀のボディは感度が高く

興奮から声も漏れてしまう・・!!

 

しかし、次の瞬間!!

 

「そこに誰かいるの!!?」

 

続きは、以下から

無料試し読みできるので

是非チェックしてみてください!

↓ ↓ 無料試し読みはこちら♪ ↓ ↓
ComicFesta:女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。Ver.2.ver1.2.1

 

 

8話では、

熱気ムンムンの押し入れに隠れた

壮介由紀が、色々なプレイを

展開するストーリーでしたが、、、

 

まず、丹生にバレるかもしれない

緊張感の中でも、

壮介が由紀に手を出すところが、

野生的で雄って感じですっ( *´艸`)

 

やっぱり狭い押入れで巨乳丸出しの

美女といれば男は野獣化しますよね。

 

その後、丹生は天井の穴から

1階の部屋に入ってきたんだけど、

 

 

 

 

押し入れで密着しすぎの壮介由紀

 

興奮のあまり、

由紀のマ〇コはマン汁でぐっちょぐちょ!!

 

「限界ななんじゃないですか?

すごい濡れてますよ?」

 

そう言って、パンティを脱がせにかかる

壮介であったが、恥ずかしがって拒絶する由紀。

 

「大丈夫、擦りあうだけですから・・・!!」

 

壮介はそう言い放つと、

ギンギンに勃起した肉棒を取り出して・・・!?

 

続きは、以下から

無料試し読みできるので

チェックしてみてね☆彡

 

次回のあらすじはこちらから♪

⇒女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。  9話

無料試し読みはこちら!
↓   ↓   ↓
クリック!!
ハンディコミック【女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。】LP1※スマホ専用